ABlog

Ablazeメンバーによるブログ

入院して病気が見つかりました part1

calendar 2021/06/25

入院して病気が見つかりました part1

皆さんこんにちは、Ablaze所属のくらりゅ!です

今回は入院して病気が診断されたとこまでをはなしていきたいと思います

続きを何回か投稿する予定なので楽しみにしていてください

症状が出始めた

4月の初めごろに下痢と腹痛が続いて高熱も出すようになって

2週間くらい休みました

その間になんかいかかかりつけの医院に行ったんだけども、過敏性腸症候群じゃないのって言うことでまぁ薬はもらったんです

もらってちゃんと飲んでいたのですが、全然効果は見れなく、、やはりおかしいなとおもってて、、

さらになぜか痔ができて(原因は病気の合併症です)

これはまずいということでGWにちかくの大きい総合病院に診察しに行きました

医者「あなた入院ね。」

僕「ごめんなさいもう一度お願いします」

医者「入院ね」

医者「痔に関しては切開かなぁ」

僕「はぁ、、、入院かぁ、、ん?切開?切開!?」(心の声)

僕「わかりました、、」

という感じで入院しました

今思うと早めに入院できてよかったなとおもってます

入院中

てことでまずはA総合病院に入院しました

ここでお世話になったのはほんの3日だけです

ですが、この3日間は僕の入院生活で一番長く感じました

入院なんてしたこともないし、ましてや親がパソコンやら持たせてくれんかったせいで全く何もできない、、寝たきり状態だったのです

そして入院患者といえば点滴を打たれますが、僕はよく失敗されるんですね、、、

ちなみにこのA総合病院では左手に点滴を入れられました

痔があるせいで座れないだけでなく、まさか自分の利き手(左手)に点滴入れるんかよ、、、とか思いましたね

主治医の先生は運が良かったのかいい先生で、そこだけが救いでしたね

この時はまぁこの病気なんだろうと説明は聞かされましたが検査でもしない限りわからないのでまだ不明なところもある、と言われました

ちなみに予想された病気は炎症性腸疾患のクローン病ってやつです

人体が複製されたり羊のほうじゃありません()

簡単に言うと「口から肛門までの全消化器官に非連続性の炎症が起こる(潰瘍とか)そして合併症が多発しやすい病気の難病」

ってかんじです

気になる方はぜひググってください

そこで僕の住んでいる長野県で小児科の消化器官に長けているS病院に転院することになりました

そして痔の切開はどうなったのかというとやりませんでした、、、よかったです、、

しかし転院する当日の朝に痔が破裂しました

寝ている間に破裂していたので全然いたくなかったし、

破裂したおかげで動けるようになったのでよかったです

転院

S病院でお世話になったのは一か月くらいですね

ほとんどこの病院にいました

そして5月の7日に上下部内視鏡検査をしました

このときはかなり検査に対して恐怖持っていましたね

しかし、小児科は鎮静剤を使うので知らない間におわります

麻酔が切れ始めるとどうやら興奮していたそうです

麻酔が切れ始めたときの症状として興奮するのでまぁ仕方ないことだと思います

変なこと言ってないといいですけど、、

結果は予想通りのクローン病でした

最後に

ここまでがpart1の内容です

いかがだったでしょうか、ちなみにこの病気は治らないのでこれからもずっと戦っていきます

次回は病気がわかってからの入院生活について話していきたいと思います

ではまたの機会に

down

コメントする




フォローする