AlexandriteOS 3.00のロードマップ

AlexandriteOS 3.00のロードマップ

皆さんこんにちは。AlexandriteOS開発者のnexryaiです。

AlexandriteOSの次期バージョンである3.00のおおまかな仕様とロードマップが決まったのでお伝えします。なおこれはあくまで2月11日時点での計画ですので変わる場合もあります。

予定している変更

・デスクトップ周りの大幅な変更

Gnome42が2022年3月にリリースされる予定です。このGnome42にはかなり大きい変更が入っているのでそれに追従する形です。

まずGnomeコアアプリケーションでのlibadwaitaの導入に合わせAlexandriteOSでは非libadwaitaソフトウェアもlibadwaitaのような見た目で動く変更を導入します。具体的にはlibadwaita風のgtkテーマを採用します。

またUIの一貫性を保つためシェルテーマやアイコンテーマもこれに合う雰囲気のものへ変更します。

今バージョンからMac OS風のUIになります。Gnomeの優れた検索機能と便利な拡張機能を用いてゲームを操作するような感覚で操作できるデスクトップを目指しました。

・ロールバック機能の実装

デフォルトのFSをbtrfsに変更します。この変更によりシステムをスナップショットを生成した時点に完全に復元できるようになります。もちろん復元しないファイルを個別に選択することも可能です。これはアップデートや設定ミスなどでシステムを破壊した際のリカバリーに非常に役立ちます。

・ロゴの変更

AlexandriteOSのロゴが新しくなりました。kr-tukimi氏が作ってくれました。非常にモダンで清潔感があるロゴになりました。本当にありがとうございます。

・GUIターミナルのデフォルトのシェルがfishに

GUIターミナル(Gnome terminal)のデフォルトのシェルがbashからfishになりました。優れた補完機能とシンタックスハイライトをデフォルトでお使いいただけます。ログインシェルはbashのままなので互換性周りでトラブルが発生する心配もありません。

ロードマップ

中の人の個人的な事情もありリリースはまだ先になりそうです。

まずGnome42と拡張機能の互換性についてです。3月初旬にGnome42のおおまかな仕様が確定しRC版が出るのでそのバージョンのGnomeで拡張機能の互換性をテストします。そこで問題が発生したら本家にはまだ未適用のパッチを当てるなり上流にPRを出すなりしてGnome42で動作するようにします。

またAlexandriteOS 3.00では独自パッケージで一部の固有のファイルをプリインストールする予定ですがこのインフラの整備にも少し時間がかかりそうです。気長にお待ちいただければ幸いです。

最終的なリリース時期はGnome42の正式公開後を見込んでいます。

最後にAlexandriteOSのlite版ですが開発を一時保留としています。理由は色々ありますがWorkstation版と両方メンテナンスできる自信がなく開発も難航しているからです。いつ再開するかは未定です…

AlexandriteOSはさらに実用的で統一感のあるモダンな体験を実現するOSを目指し、進化を続けていきます。今後ともよろしくお願いします。